京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
松永

2010年07月08日

和の心地よさ

日本人ならほとんどの方が和紙に触ったことがありますよね。


私の場合は「あぶらとり紙」が最も身近で毎日触れる和紙です。


いつの時代から和紙で顔のあぶらをとるという発想が生まれたんでしょうか?


ナイスアイデアですよねface03

一度和紙の良さを知ると、他の紙ではなんか違う…という感覚になるものです。
実際にあぶらとり紙でも和紙でないものを使うと、なんだか人工的な偽物の紙に思えてしっくりきません。

しかし和紙だと「これこれ!」と安心しますICON65


それはあの紙のさわり心地が原因ですよね。どこか懐かしく、優しい和紙の雰囲気icon12

手作りの和紙のはがきなんかも好きなもののひとつですICON122

今は様々な種類の紙が市場に出ていますが、この豊かな時代にこそ、”和紙”のよさが際立つのではと思いますICON144

和の心の原点に帰ってみませんか?


Posted by 松永 at 00:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。